<object id="7hsxi"><option id="7hsxi"><small id="7hsxi"></small></option></object>

<object id="7hsxi"></object>

<object id="7hsxi"></object>

雙日株式會社

閉じる

ハッソウジツ

北米のライフラインを支える
北米鉄道車両メンテナンス事業
~鉄道輸送、世界最大級の北米で、日々の輸送を守る~

TVCM 北米鉄道事業篇

「北米の日常を鉄道輸送で支える」という、発想を実現するために、鉄道車両メンテナンス事業に取り組む様子を紹介しています。

登場人物紹介?撮影風景

鈴木 啓一朗

2011年入社 財務部、営業経理部を経て、2014年11月より交通?空港インフラ事業部に異動。インド貨物専用鉄道案件の入札やプロジェクト管理を経験し、2017年より1年間北米に駐在。帰國後は、鉄道車両メンテナンス事業の主擔當として盡力。2020年9月よりカナダ モントリオールに駐在。

鈴木 啓一朗

全ては北米のライフラインを守るために

雙日は、2015年11月にCad Railway Industries Ltd.(CadRI、本社:カナダ?モントリオール)に出資し、北米で鉄道車両メンテナンス事業に參入。2020年3月には、株式會社海外交通?都市開発事業支援機構と共にCadRIの株式を追加取得し、日本企業が100%出資する事業會社となりました。

北米での社會課題

現在、地球溫暖化の要因とされるCO2排出の削減は世界的な課題となっています。國土が広大で化石燃料を自國で調達できるアメリカやカナダでは、輸送手段として鉄道や大型トラックが重要な役割を擔ってきました。

世界的に環境への意識が高まる中、北米においてもCO2排出量が少ない鉄道輸送が再び腳光を浴びており、ラストワンマイルをトラック輸送が補完するマルチモーダル輸送の重要性が特に高まっています。CadRIは鉄道車両のメンテナンスを通して北米のライフラインである鉄道輸送を下支えするという重要な役割を果たしています。

鉄道輸送の環境負荷/マルチモーダル輸送がなぜ必要?

鉄道事業における雙日の実績とCadRIとの出會い

雙日の鉄道ユニットは、北米市場を中心に世界各國において12,000両を超える鉄道車両納入実績を有し、近年ではインドにおいて、日印政府が共同推進するデリー?ムンバイ間の貨物専用鉄道建設工事に取り組むなど、業界で確固たる地位を築いてきました。一方、今後のさらなる成長のために、長い歴史を持つ車両および車両機器の納入や大型建設プロジェクトの受注に加え、市場規模の拡大が見込まれ、安定的?持続的な収益獲得になりうる鉄道サービス事業への進出を模索していました。

そのような中、新たな分野への挑戦として取り組んだのが、鉄道車両メンテナンス事業への參畫でした。當時、CadRIは獨立系MRO(Maintenance(保守), Repair(修理), Overhaul(修繕?改造))、會社として、カナダの都市交通當局向け旅客車両メンテナンス事業で盤石なシェアを確保し、Class1(クラスワン)と呼ばれる北米の大手貨物鉄道事業者も顧客としていました。同社は、機関車、客車、貨車などさまざまな車両のメンテナンスから大規模な改修までを手掛けることができる強みを活かして、カナダ國內に留まらず北米市場に事業を拡大したいという強い想いがありました。

雙日とCadRI、雙方の戦略と想いが合致し、CadRIへの出資を通じた鉄道車両メンテナンス事業への參畫に至りました。

関連情報:鉄道車両メンテナンス事業 ~北米?鉄道市場での新たな挑戦~

MRO とは/獨立系事業者とは?

CadRIの地理的な優位性と強み

CadRIは、カナダ東部の主要都市であるケベック州モントリオールに拠點を有していますが、2017年には西部アルバータ州の最大都市で石油産業の中心地であるカルガリーのCaltrax社を買収し、カナダ東西をカバーする體制を構築しました。Caltrax社は自社工場でのメンテナンスはもちろん、メンテナンス機器を搭載するトラックを活用した、モバイル(出張)メンテナンスサービスを展開しており、機動的に広い地域をカバーするメンテナンス事業を実現しています。

CadRIのもう一つの強みが、機関車、客車、貨車3車種のMROに対応できる點です。3車種それぞれに求められる技術が異なるために、特定車種を対象としたメンテナンスを専業とする會社が多い中で、CadRIは多様な技術力を蓄積し、総合的に対応しています。この強みは、顧客の幅広いニーズに応えることはもちろん、同社事業の安定性にもつながっています。

2020年はコロナ禍で人々の生活様式が大きく変化する中、改めて北米における鉄道輸送需要の底堅さが再認識されました。同社はその様な鉄道輸送を下支えするEssential Service(必要不可欠なサービス)の一つとして、従業員の健康や安全に最大限の配慮を行いながら工場の稼働を続け、人々の生活を陰で支えています。

MRO とは/獨立系事業者とは?

Caltrax社工場の空撮映像

MRO とは/獨立系事業者とは?

人物紹介

Fausto Levy

Fausto Levy(CadRI 最高経営責任者/CEO & President)

Q1:雙日に期待する役割は何ですか?

當社は、雙日のサポートもあり、戦略的な事業拡大に向け、さまざまな取組みを継続的に推進しています。當社の目標は、北米鉄道市場においてMROサービスのリーディングカンパニーとなることです。さらに、北米のみならず、よりグローバルなビジネスチャンスを獲得していくべく、雙日が有する世界中のネットワークや高い技術力を有する日本のサプライヤーとの関係性を最大限活用していきたいと考えています。

Q2:CadRIの強みを教えてください。

CadRIは、北米鉄道市場において、先進的な技術力やエンジニアリング力、事業管理能力を背景に、優れた鉄道車両MROサービスを提供できる會社の一つです。高品質で短納期、かつ、競爭力の高い価格にてサービスを提供することで、顧客の需要にきめ細やかに対応しています。CadRIのビジネスモデルは業界內でもユニークであり、機関車、客車、貨車など車種を問わず、あらゆる車両に対して、軽微なメンテナンスから高度な改修?改造まで幅広いサービスを提供できる點が特徴の一つです?!袱工伽皮悉蜆敜伟踩\行のために」というスローガンのもと、高度な技術力と顧客志向の提案力とを組み合わせ、顧客のさまざまな需要に即座に応え、北米地域の安全な鉄道運行を下支えしています。

現地で奮闘する雙日社員

小野寺 秀

小野寺 秀(CadRI出向 Executive Vice President/Chief Administrative Officer)

CadRIでは雙日を代表し、執行役員として同社CEOと共に企業経営全般並びに新規営業活動にも取り組んでいます。文化や慣習の違いを乗り越える実踐の連続で、CadRIと雙日のお互いの成長目標を常に確認し、お互いを尊重し、高め合うよう努めています。本事業に攜わってきた歴代の先輩?後輩の育んできた、信頼関係をさらに強化することが自らの役割と強く認識しています。

鈴木 啓一朗

鈴木 啓一朗(2011年入社、CadRI出向 Finance & Administration Manager)

夢は、CadRIが持つ強みと雙日の知見やネットワークを掛け合わせ、北米最大級の鉄道車両MRO事業へと規模を拡大させるとともに、雙日を代表する事業に引き上げることです。その橋渡し役となるために、考え方や文化の違いを尊重しつつ、常に丁寧なコミュニケーションを行い、お互い理解し合うことを心掛けています。

東京で奮闘する中堅?若手社員

厚井 理沙

厚井 理沙(2006年入社、交通?空港インフラ事業部 交通インフラ事業課 副課長)

リスク管理部、物流?保険統括部を経て、2014年に交通?空港インフラ事業部に異動し、インドや東南アジア鉄道案件の入札や履行を擔當。2度の産休?育休を取得し2020年より北米を擔當。CadRIのさらなる成長や北米での事業拡大に貢獻していきたいと考えています。

須藤 雄貴

須藤 雄貴(2017年入社、交通?空港インフラ事業部 交通インフラ事業課)

入社後は鉄道部品トレーディングや、東南アジアにおける鉄道建設工事案件の履行を擔當し、現在は鈴木の後任としてCadRIの買収後PMI(経営統合)を東京側でサポートしています。チーム一丸となって、CadRIを雙日の中核事業へと成長させていきたいと考えています。

鉄道車両メンテナンス事業を支える日本の體制

~ 少數精鋭で現地をバックアップする日本のメンバー ~

東京メンバー

東京では、交通?空港インフラ事業部の部長の森田、副課長の厚井、須藤の3名が、現地駐在員と共に、北米MRO事業の戦略策定、CadRIの経営管理、買収後PMIを中心に幅広い実務を進めています。

CadRIのメンテナンス事業は、トレーディングや、鉄道建設プロジェクトの履行と同じく、顧客に対するフレキシブルな対応や、納期遵守、緊急事態が起きた際の迅速な対応など、高いレベルでのプロジェクトマネジメント能力が必要とされる事業です。

雙日はこれまで積み上げてきた事業の経験をベースに、CadRIを軸とした北米MRO事業のさらなる推進、価値創造をめざしていきます。

CadRIを北米No1,
Only1の鉄道MRO會社へ??!

この目標のため、雙日とCadRIは事業を通じて、北米の人々の生活を見えないところで支え続ける。

(所屬組織、役職名等は本記事掲載當時のものです)
2021年2月掲載

×
×
×
×

このページの先頭へ

刺激的匿名聊天软件,尺寸十大直播平台,天天直播