<samp id="1ia7o"></samp>

<p id="1ia7o"><dd id="1ia7o"></dd></p> <acronym id="1ia7o"></acronym>

<acronym id="1ia7o"><dd id="1ia7o"><i id="1ia7o"></i></dd></acronym><samp id="1ia7o"><em id="1ia7o"><blockquote id="1ia7o"></blockquote></em></samp><samp id="1ia7o"></samp>

<samp id="1ia7o"><em id="1ia7o"></em></samp>

雙日株式會社

閉じる

機械?醫療インフラ本部

産業機械やベアリングの取り扱いに加え、PPP(官民連攜事業)型病院運営事業の拡大、その周辺に広がるヘルスケア?ビジネスの創出、プライマリヘルスケア領域、デジタルヘルスケア事業の発掘?投資実行、さらにはプラントEPCビジネスや環境対応をはじめとする新規事業創出に取り組んでいます。また、スタートアップ投資や先端産業の領域に進出していきます。

本部の強み

  • ベアリングや産業機械の事業會社の運営実績、販売デイーラー網や部品?製品のサプライチェーン基盤
  • 世界的な競爭力を有する國內外の部材?加工?機械メーカー、エンジニアリング會社との信頼関係
  • 設計、建設フルターンキー、ファイナンス、運営などを含めたトータルなビジネススキームの提案力と組成力
  • トルコ?バシャクシェヒール チャムアンドサクラ シティー病院は、日系企業が施設運営に関與する単一の病院としては世界最大規模

 

外部環境

機會

  • 新興國の経済発展や生活水準向上ニーズに伴うインフラ需要の高まり
  • 世界的な環境規制に伴う環境対応ニーズの高まり
  • 産業社會のエレクトロニクス化?自動化、生産性向上ニーズに伴う半導體?電子部品の必需部品?生産機械の需要増加
  • 先端技術?イノベーションの高まり、スタートアップ投資機會の増加

リスク

  • 主な市場とする新興國の政治?経済?社會環境の変化に伴うカントリーリスク

成長戦略


産業機械?ベアリングなど既存事業のトレードを拡大するとともに、醫療関連ビジネスを推進し新たなビジネスモデルの確立に取り組んでいきます。

執行役員
機械?醫療インフラ本部長

鯉沼 郁勇

機械?醫療インフラ本部は、醫療インフラ事業部、先端産業?軸受部、産業機械?プラント部、機械商社である雙日マシナリーの4つの営業組織から構成されています。その使命は、伝統あるプラントプロジェクト事業で培った國內外のパートナーとのネットワークと多彩な事業機能を活かして、世界各國の産業の礎となるインフラを構築することです。

トルコでのPPP型病院運営事業については、施設運営サービスを含めた収益モデルを確立していきます。さらに醫療施設にとどまらず、ヘルスケアのカテゴリーへと視野を広げ、遠隔醫療?介護分野などで新たな事業機會に取り組んでいます。

また、産業機械?ベアリングなどの既存事業において、新型コロナウイルス感染癥の拡大により収益への一定の影響はありますが、両事業とも中國含め各市場での経済活動再開、需要回復を見極めつつ、アフターコロナを見據えた事業構造の変革及びAI?IoT、5Gなどのトレンドを踏まえた取り組みを拡大していきます。

新興國の経済発展を支えるプラント事業も、一時的には新型コロナウイルス感染癥の拡大による政府承認などの遅れにより、全體スケジュールに遅れが生じる見込みではありますが、今後も継続的な需要の高まりは期待でき、著実な取り込みを図っていきます。地域社會の持続的な発展に貢獻し、かつ日本企業が得意とするプラスチックリサイクルなど、環境対応を切り口としたプロジェクトにも注力していきます。

* Public Private Partnership:官民連攜型事業

主な取り組み

Gas to Gasoline Plant(トルクメニスタン)

ベアリング

■醫療インフラ事業

2017年に參畫し、2020年5月に無事開院したバシャクシェヒールチャムアンドサクラ シティー病院の建設?運営プロジェクトは、日系企業が攜わる世界最大規模のPPP型病院運営事業です。日系企業と協働して、派生する醫療周辺サービスの展開を加速させ、病院運営とその周辺事業を取り込むビジネスモデルを確立していきます。加えて、新技術を活用したスマートヘルスケア領域や醫療プラットフォーム事業に參入し、高まる健康ニーズに応える多様なサービスを創出していきます。

■先端産業?軸受事業

資材調達から加工部品販売、製品販売に至るまでのサプライチェーンの幅だしと強化及び市場戦略に基づき、中國市場から歐州市場への幅だしを実行しています。サプライチェーンの各レイヤーのなかで、販売ディーラーの成長を促す新規事業提案や新規販売商品開発支援に加え、軸受OEM事業を拡大していきます。さらに、軸受部品技術を応用した軸受派生自動車用部品の製造のほか、スタートアップ企業への投資による先端領域の事業化も加速させていきます。

組織図

トップへ戻る

このページの先頭へ

刺激的匿名聊天软件,尺寸十大直播平台,天天直播