<object id="7hsxi"><option id="7hsxi"><small id="7hsxi"></small></option></object>

<object id="7hsxi"></object>

<object id="7hsxi"></object>

雙日株式會社

閉じる

株式會社排出権取引市場、四國地域の排出権を取引

~地方の排出権取引を促進し、地球溫暖化防止に寄與~

PDF版[214.0 KB]

2010年12月13日
雙日株式會社
株式會社排出権取引市場
一般社団法人カーボンゼロ四國

雙日株式會社の100%子會社コーリンク株式會社と、株式會社スマートエナジーが2010年4月に設立した株式會社排出権取引市場(以下、排出権取引市場)は、四國の一般社団法人カーボンゼロ四國(以下、カーボン ゼロ四國)と、四國地域の排出権を取り扱う業務提攜について基本合意しました。

101213_j.gif
【事業提攜スキーム図】

カーボンゼロ四國は、國內クレジット制度(注)の活用をはじめとした四國地域の地球環境保全事業の支援を目的として、経済産業省四國経済産業局をはじめ、四國地域の自治體や経済団體、関係事業者の支援により2010年10月に設立された一般社団法人です。同法人は、四國地域を基盤に活動を行う企業から賛助會員を募り、賛助會員企業から排出権を優先的に買い取ります。排出権の買い取り対象の地域を限定して、地域ブランド化したクレジットを創出する機関としては、國內初のものとなります。

四國ではこれまでに、製材工場における乾燥施設の燃料転換、老人保健施設等におけるヒートポンプの導入による空調設備の更新事業などの24件の削減事業計畫について承認を受けており、7件(計3919トン)がクレジットの認証を受けています(2009年5月~2010年10月現在)。しかし、國內クレジット制度の活用には、削減実施事業者(売り手)の條件に合う共同実施者(買い手)が見つからない、大口の購入者にとって小口の排出権は事務手続きが煩雑であるなどの理由から、売り手と買い手のマッチングが課題となっています。

カーボンゼロ四國が1口50トン程度の大口に取りまとめて地域ブランド化した排出権は、カーボンゼロ四國の賛助會員への販売とともに、日本全國に排出権取引の場を提供する排出権取引市場のインターネットサイトを通じて、全國の需要家に販売されます。

排出権取引市場では、國內における排出権取引量を2014年度までに累計約220萬トンと見込んでおり、今後も四國ひいては日本全體の排出権取引を促進し、地域経済の活性化および地球溫暖化防止に貢獻していきます。

(注)
國內クレジット制度とは、大企業の技術?資金提供を通じて中小企業等が行った、溫室効果ガス排出抑制のための取組みによる排出削減量を認証し、大企業等が自主行動計畫や試行排出量取引スキームの目標達成等のために活用する制度です。

參考資料

株式會社排出権取引市場の概要

會社名 株式會社 排出権取引市場
所在地 東京都港區赤坂6-1-20
法人の目的 (1)排出権の取引市場運営
(2)環境情報の提供
(3)環境會社の広告事業
(4)前各號に付帯するまたは関連する一切の業務
株主 コーリンク株式會社(60%) 株式會社スマートエナジー(40%)
URL http://www.jcx.co.jp/

社団法人カーボンゼロ四國の概要

會社名 社団法人 カーボンゼロ四國
所在地 香川県高松市塩上町3-1-1
事業內容 (1)四國地域における地球環境保全活動の支援
(2)國內クレジット制度の活用による溫室効果ガスの排出削減支援事業
(3)カーボンオフセット事業支援
(4)前各號の普及啓発に関する事業 など
役員 代表理事 岡谷英明
理事   三好貴志男
理事   中村英雄
監事   巖本直樹

以上

このページの先頭へ

刺激的匿名聊天软件,尺寸十大直播平台,天天直播