<samp id="1ia7o"></samp>

<p id="1ia7o"><dd id="1ia7o"></dd></p> <acronym id="1ia7o"></acronym>

<acronym id="1ia7o"><dd id="1ia7o"><i id="1ia7o"></i></dd></acronym><samp id="1ia7o"><em id="1ia7o"><blockquote id="1ia7o"></blockquote></em></samp><samp id="1ia7o"></samp>

<samp id="1ia7o"><em id="1ia7o"></em></samp>

雙日株式會社

閉じる

雙日、電気自動車インフラ事業の開発に向け、ASF株式會社と資本業務提攜

PDF版[349.4 KB]

2020年12月24日
雙日株式會社
ASF株式會社

雙日株式會社(以下「雙日」)は、このたび、電気自動車(以下「EV」)の企畫、開発、製造および販売、バッテリーリース事業などをおこなうスタートアップ企業であるASF株式會社(以下「ASF社」(エーエスエフ社))と、モビリティ(流動性、移動性)を中心とした新しいエネルギー社會のシステム構築を目指し業務提攜契約を締結するとともに、第三者割當増資を引き受け、同社に出資しました(以下「本提攜」)。

 

201224.jpg


ASF社は、2020年6月、日本國內でのEVの普及促進を目指してファブレスメーカー(※1)として設立され、3つの具體的な社會変容をもたらすビジネスモデルを提案する會社です。

① 「所有から利用へ」従來にはないEV車の提案
② 再生可能エネルギーを最大限に活用した車社會の提案
③ 社會課題となっている物流のラストワンマイル問題の解決を、脫炭素化といった環境面からサポートするための提案

また、同社は佐川急便株式會社(以下「佐川急便」)と物流業者向けに特化した小型EVの獨自共同開発および実証実験を開始する基本合意をするなど、B to B 企業のニーズを満たすEV開発を進め、2021年度に量産車の開発を計畫しています。將來的には再生可能エネルギーを用いたEVとクラウドプラットフォーム(※2)による情報の可視化を通して、ユーザーに「安全性」?「収益性」?「効率性」の3つの指標を提供し、ユーザー業務の効率化を支援することを目指しています。

雙日は2019年度から発想の力でビジネスを実現していく「発想×雙日 Hassojitz(ハッソウジツ)」プロジェクトを立ち上げ、社內公募を通じて集まった若手社員らが中心となり、2050年の未來に向けた事業作りに取り組んでいます?!窫Vを活用したビジネスの創出」は「ハッソウジツ」プロジェクトを通じて実現した第一號出資案件です。

雙日は本提攜を通して、雙日グループ企業とも連攜しながら、ASF社の戦略的パートナーとして機能補完関係を築き、再生可能エネルギー由來の電力供給やEV充電インフラの整備、RE100/EV100企業(※3)などへの競爭力のあるEVサービスの提供を進めていくことで、ASF社のビジネスの発展をサポートしていきます。

雙日とASFは本提攜を通じて、雙日の多様なビジネスを展開する知見やノウハウと、ASFの技術力を融合させ、地球環境に配慮した交通社會の実現と経済成長を両立させる新たな社會インフラを創造し、豊かで持続可能な脫炭素社會の実現を目指します。

(※1) ファブレスメーカー:自社製品製造のための自社工場を持たないメーカーのこと。
(※2) クラウドプラットフォーム:EVなどの移動體にIoT機器や通信機能を付加し、リアルタイムに情報やサービスを提供するシステムのこと。
(※3) RE100:企業が自らの事業に使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す、國際的なイニシアティブ。
EV100:企業による電気自動車の使用や環境整備促進を目指す國際イニシアティブ(2017年9月発足)。


(ご參考)

雙日 會社概要

會社名 雙日株式會社
設立 2003年4月
代表者 代表取締役社長 藤本 昌義
資本金 160,339 百萬円(2020年9月30日現在)
所在地 東京都千代田區內幸町2-1-1
事業內容 総合商社として、自動車やプラント、航空、醫療インフラ、エネルギー、金屬資源、化學品、食料、農林資源、消費財、工業団地などの各分野において、物品の販売及び貿易業をはじめとして、國內および海外における各種製品の製造?販売やサービスの提供、各種プロジェクトの企畫?調整、投資、ならびに金融活動などグローバルに多角的な事業をおこなう

 

ASF社 會社概要

會社名 ASF株式會社
設立 2020年6月
代表者 代表取締役社長 飯塚 裕恭
資本金 15百萬円(2020年6月1日現在)
所在地 東京都港區赤坂1丁目14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーS403
事業內容 EVの企畫、開発、製造および販売、バッテリーリース事業 他
既存株主 會社役員、臺灣プラスチックグループ、株式會社FOMM
パートナー企業 佐川急便株式會社(2020年6月に、小型電気自動車の共同開発を開始する基本合意を締結)

このページの先頭へ

刺激的匿名聊天软件,尺寸十大直播平台,天天直播